学校法人 北陸学院

北陸学院創立130周年記念サイト

記念事業

ウィン記念館

北陸学院は、創立125周年を記念し、飛梅町にある「ウィン館」を改修して北陸学院史料館を開設いたしました。
ウィン館は、プロテスタントのアメリカ人宣教師トマス・ウィンが建築した由緒ある建築物です。
彼は、1879年(明治12年)に石川県師範学校の教師として金沢に来て、教えるかたわらにキリスト教の伝道に従事し、一方では、メリー・ヘッセルを招いて金沢女学校(現北陸学院)を設立させました。
トマス・ウィンが1891年(明治24年)にこのウィン館を建てたのは、ミッション・ハウスとして宣教師会議に使うため、彼の家族をはじめ宣教師の家族の宿舎とするため、前庭でホルスタィンを飼って牛乳を搾るため、また、1892年からは妻イライザ・ウィンが孤児院として使用するためでした。
写真に見られるようにウィン館は、コロニアル・スタイル(独立前の米国植民地風)で、〈全体に軽快で簡素な鄙びた味わいの意匠〉(『金沢の歴史的建築』)が施されており、当時、評判になって、大勢の人たちが見学に来たと伝えられています。
ウィン館は、トマス・ウィンが設計し、監督して出来上がったものですが、地元の棟梁が誰であったかは、判っていません。
1898年(明治31年)にウィン夫妻が大阪に転任となった後、ウィン館は、1953年(昭和28年)に北陸学院保育短期大学附属第二幼稚園の園舎として使用されることになり、その際、内部の間仕切りやマントルピースが撤去されたりしました。附属第二幼稚園は、1993年(平成5年)に附属ウィン幼稚園に名称変更した後、2007年(平成19年)に附属第一幼稚園に統合するまで存続しました。


ウイン館

このページの先頭へ