英語教育

実践の場も大切に

 北陸学院小学校では1年生から6年生まで教科としての英語の学習をしています。
 1・2年生は週1時間、3・4年生は週2時間、5・6年生は週3時間の英語の授業です。

 北陸学院小学校の英語教育の特色は、英語の専科教師がネイティブの先生と一緒に指導していることや、「聞く・話す」だけでなく、「書く」ことも学年に応じて段階的に取り入れていることです。また、フォニックスのルールを学び自然な発音で英語を読んだり、学習した文法を使って実際に会話をしたりする授業を展開していることです。

 そして何より、オーストラリアの姉妹校の児童と相互にホームステイなどの交流活動を通して直接顔を見て会話をしたり、インターネット回線を利用したスカイプを使って会話をしたりする、実践の場も大切にして学んでいることなどが挙げられます。

ページ上部へ