国際理解教育 世界にアンテナを張る人間へ

明治のはじめに宣教師メリー・ヘッセルが北陸学院を創立して以来、国際理解教育に力を入れ、日常的な異文化交流の場から、海外への修学旅行、留学まで国際理解を深めるためのさまざまな機会を設けています。
感性が鋭い10代に異文化を体験することは、世界を知ると同時に自分自身を見つめ直すことにもつながり、視野を広げ、将来の可能性を広げます。


ミッションならではの留学制度

本校は独自の留学プログラムと豊富な実績があり、これまで過去25年間に400人以上の留学生を送り出してきました。
現在は、カナダのBritish Columbia Christian AcademyやAbbotsford Christian School など4校と姉妹校提携を結んでおり、夏休みの短期海外研修制度(中1〜高2)と1年間の長期留学制度(高校2年生)を用意しています。

どうしてカナダなのか?

カナダは豊かな自然に恵まれ、その自然を大切にしていることでも知られるECO先進国です。治安がよく、親日家が多いので、私たち日本人にはとても親しみやすい国です。また、人口が少ないことから積極的に移民を受け入れてきた歴史を背景に、英語が第一言語ではない人たちのための英語教育が発達し、そのシステムにはすばらしいものがあります。


国際理解を深めるステップ

世界を視野に入れた進路選択