保護者の声

みるみる自立していった娘。
強く優しい子に育ててくれた“6年間”。

中学入学当時は、通学時間が長いので学校に通うことができるだろうか? 友だちができるだろうか? など、心配は尽きませんでした。しかし先生方が子どもや私たち親にも心温かいコミュニケーションを図ってくださり、娘はすぐにクラスの友だちともうちとけ、毎日学校へ行くのが楽しくてたまらないという様子に変わっていくのが分かりました。また、学校行事・ボランティア活動・教科指導を通して将来進みたい大学を自分で探し出してきた時は、娘の成長に驚かずにはいられませんでした。これも、中高6年間を手厚く導いてくださった北陸学院の先生方のおかげとたいへん感謝しています。

卒業生 保護者

中学生という時は、子どもにとっても大切な時代。
そして中学校を選ぶ、親にとっても大切な時代。

人生の土台である中学生時代をどのように過ごすかということは、子どもの未来を大切に思う親であれば、誰もが考えることでしょう。北陸学院には、一人ひとりの才能を信じて子どもたちと真剣に向き合う学校の姿勢を感じました。引っ込み思案な娘が、委員会で積極的に活動をして、ハンドベルクラブで楽しく演奏している姿から、日々娘の成長を感じ、親としてうれしく思います。将来の自分を思い描きながら、楽しんで学校生活を送っているようです。また、毎日の宿題をきちんとすることが学習習慣の定着となり、進んで机に向かうようになりました。これからの娘のチャレンジに期待です。

在校生 保護者