各教科の教育方針

心のケアから学習指導まで。
ミッションには頼れる先生がいます。

国語科担当 遠藤 良幸 先生

古の人々の精神を感じとり生徒の人間性を養う。

国際社会に生きる人の創造を念頭に、評論を分析し、論理的な思考が出来る生徒の育成を目指しています。また、古典においては日本の伝統文化に造詣深く、日本人としての情緒を養うことを目標としています。さらに、作文コンクールなどへの応募やディベートなど、よりアクティブな活動を実践し、生徒の表現力を高めています。

国語科担当 玉作 裕美 先生

国語嫌いにはしない!そんな気持ちで教壇に。

教材の文章を読むことで新たな世界にふれ、古文をひもとくことで遥か昔の人々の想いに共感する…授業で学んだことは、これから生きていく上で必要な幅広い知識や表現力となり、生徒にとって生涯の財産となるかもしれません。テストや受験のための勉強も大切ですが、「絶対に国語嫌いにはしない!」という気持ちを一番に授業を進めているので、安心して一緒にがんばりましょう。

数学科担当 石立 茂人 先生

考える事を楽しむ生徒を増やしたい。

数学を通して、今までの自分にはなかった新しい考え方や見方を養い、明日の自分を創り上げる「考える力」の習得を目標としています。生徒同士が「数学」を思考し、式やグラフ、表などを駆使して数学を語り合うような授業を理想に掲げています。日々の充実した授業を通して、考える事が楽しいと感じる生徒を増やしたいです。

数学科担当 川口 雅樹 先生

新たな解法を見つける喜びを教えたい。

数学は積み重ねの学問ですから、わからないことがあるとその後の学習にも影響が出ます。そのため、現在の学習内容がどこからつながってきて、どのように発展するのかを確認できるような授業を心がけています。数学には、正解を導くための解法がたくさんあり、「新たな解法を発見したときの喜び」を、一人でも多くの生徒に教えていきたいと思っています。

英語科担当 中藪 朱音 先生

恥ずかしがらずに英語を使って自分を表現しよう!

英語を使って自分を表現し、コミュニケーションを楽しめるようになることを目指しています。話す・聞く・書く・読むの4つの技能を伸ばすことを第一に、具体的な場面を想定したALTとの会話や意見交換を授業で行います。また、積極的に電子黒板を活用し、生徒がより効率的に理解できるよう心掛けています。

理科担当 高島 央 先生

日常に密着した科学で「わかると楽しい」を実感!

普段何気なく見ているものや日常の出来事の中にも、科学的な視点でとらえることで新鮮な驚きが得られます。科学は日々進歩する分野なので、授業では、常に最新の話題を取り入れるようにしています。中学・高校時代は、柔軟な思考で物事を吸収でき、感覚的にも優れた年代です。だからこそ、今科学に関する知識を深めることで、将来世界に羽ばたく人材が出てくることを期待しています。

社会科担当 宮田 佳恵 先生

明るい未来のために社会を学ぼう!

単なる用語の暗記で終わらないように、人物ならエピソード、土地の話ならそこの現状を紹介し、生徒が興味や関心を持って学べるように工夫しています。今の生活が過去の人々の営みの上に成り立っていることや、他の地域の歴史や生活・文化を知ることで、私たちの現状をより深く理解し、明るい未来へとつなげていく術を身につけてほしいと思っています。