記念事業

工事の進捗
創立130周年記念事業募金
Misson Goods

創立130周年記念事業

キャンパス整備マスタープランの実行 総額20億円 うち自己資金18億円/ 募金2億円

大学・短期大学部

大学校舎リニューアル事業

総額6億円【うち自己資金:5.4億円/募金:6千万円】 2015年4月着工(予定) 2016年3月完成

本館、体育館の耐震改修工事を含め、大学校舎のリニューアル工事を行い教育環境の充実を図ります。
また、番匠鐵雄記念礼拝堂(チャペル)の空調設備工事を行います。

高等学校・中学校

新栄光館及び新体育館建築事業

総額10億円【うち自己資金:9億円/募金:1億円】
第2体育館2015年4月着工(予定) 2016年3月完成
新校舎2015年4月着工(予定) 2017年9月完成

飛梅キャンパスにございます栄光館及び旧中学校棟は、築60年を超えており老朽化が進んでおります。また、従来より教育改革などソフト面での充実を図ってまいりましたが、時代に合った施設や設備などのハード面につきましても、その整備が緊急の課題となってまいりました。
新校舎の建設は本学院の伝統を重んじつつ、新しいイメージを広く示すことで生徒や保護者、同窓生、地域の皆様の期待に応え、それをもって中学校、高等学校並びに本学院の今後の発展にも寄与するものと確信いたしております。

小学校

特別教室および職員室棟新築工事

総額:2億円 【うち自己資金:1.8億円/募金:2千万円】
職員室及び特別教室棟 2015年4月着工(予定) 2016年3月完成

三小牛キャンパスにございます小学校の校舎は、柿木畠にあった金沢女学校時代の校舎を1968年に移築した歴史ある建物です。2006年に普通教室棟校舎を改修し、今回は老朽化が激しい特別教室(図書・理科・音楽・図工・家庭科・保健・ホール)と職員室を建築いたすことといたしました。
時代に即した機能を備え、四季折々の自然を豊かに感じる、北陸学院の歴史と自然が共存した校舎となります。

幼稚園

扇が丘幼稚園 新園舎建築事業

総額:2億円 【うち自己資金:1.8億円/募金:2千万円】
新園舎 2015年4月着工(予定) 2016年3月完成

扇が丘キャンパスにございます園舎は広々とした園庭に特徴的な円形の園舎です。しかし、建設後48年が経過し老朽化が進んでおります。
環境を活かし時代に即した幼児教育をさらに深化させるために、広い園庭と自然をマッチさせた新たな園舎を建設することにいたしました。歴史ある北陸学院の幼児教育をより充実し、地域の子どもたちや保護者の皆様の期待にさらに応えることで、本学院の一層の発展にも寄与するものと確信いたしております。

第一幼稚園 通園バス購入及び園舎補修事業

2015年度実施
通園用のバス1台を更新し、園舎の補修を実施します。

北陸学院 創立130周年記念誌

『よろこびの告知 トマス・ウィン説教集』

梅染 信夫編訳 2015年3月発行予定

『中澤正七 北陸女学校と北陸伝道に捧げた生涯』(仮題)

楠本 史郎著 2015年9月発行予定