ブログ

「チャレンジの発表をするんだよ」

2019/09/04

スクールバスに乗車したある児童は何か嬉しそう。

今日はチャレンジ発表の日です。その児童は各クラス2,3人の代表者に選ばれたのでした。どこか誇らしげな表情をしています。

本校では、研究(学習)課題を自ら持ち、追究した結果を表現する「夏休みのチャレンジ発表」の取り組みをとても大切にしています。

低学年、高学年に分かれて発表を行いました。

低学年はとてもうれしそうに発表し、聞いている児童は興味深く、そしてその発表を楽しんでいるようでした。

高学年は、話の流れに気を付けて発表しています。そして、画像などを使って見やすく発表するよう心がけています。考察や自分の主張を入れているのも、高学年の特徴でした。

来年はどんなチャレンジをしようか…すでに、そんなことを考えていた児童もいたのではないでしょうか?

1年生は先生に手伝ってもらいます。自分の部屋のカレンダーを作りました。

ねこのくらしについて発表した2年生。ねこの習性がわかって、ますますペットが好きになったようです。

友達に手伝ってもらって発表したペープサート。お芝居が大好きで、実演してくれました。

世界の国旗を調べて、国の文化や歴史が表されていることがわかりました。

氷の研究をした5年生。実験でわかったことから、透明な氷を冷蔵庫でも作れそうですね。

災害や防災について調べた6年生。現代の課題についてしっかり考え、意見を述べていました。

ページ上部へ