ブログ

修学旅行1日目

2019/09/12

 修学旅行一日目は平和学習です。実際に被爆した方から、お話を伺いました。原爆投下直後の広島の様子、家族の様子、原爆による放射線、熱線、爆風が人や街にどれだけの悲しみ、苦しみをもたらしたか、またそれらが今も続いていることをお話ししてくださいました。その後は、広島平和記念資料館を見学し、平和記念公園をガイドさんに案内していただきました。戦争の恐ろしさ、惨さ、平和の尊さを深く感じたことが夜の作文には綴られていました。

夜に書いた児童の作文より

「たった一発の爆弾で、夢も、希望も、家族も、友達も、家も、命も、何もかも失った。その原子爆弾を作ったのは、同じ人間だ。資料館の映像を見たとき、体がこわばるのを感じた。」

 

被爆体験の講話を聴きました

原爆の恐ろしい威力が資料館に展示されていました

学んだことをしっかり書き留めます

ページ上部へ