教員紹介

子ども教育学科

中野 聡

なかの さとし

中野 聡

教授

職務上の実績
保有学位 教育学修士
専門分野 ・英語教育
担当科目 小学校英語科教育法Ⅰ、教育実践研究A、教育実践演習、(幼・小・中)、総合教養、英語Ⅰ・Ⅱ、地域社会と子ども、シンプルイングリッシュA・B、英語
研究のテーマ 小学校外国語活動・英語科指導法、中学校英語科指導法
研究内容 小学校における「意味あるやり取り」を具体化するための様々な方法について考えています。Small Talk、絵本の活用方法、地域素材を生かした教材開発に関心を持っています。こうした指導は、コアカリキュラムとの関わるものと考えています。また、中学校のおける「パフォーマンス課題」の作り方に関心を持っています。
研究内容のキーワード 意味あるやり取り、コアカリキュラム、Small Talk、パフォーマンス課題、語彙習得
一言コメント 公立小学校で外国語科(英語)の授業は2020年度から本格実施されます。どのように指導すれば、児童は主体的に英語学習に取り組み、コミュニケーションを図る素地となる資質・能力を身に付けることができるのか指導に関わるみんなで試行錯誤する大切な時だと思います。
略歴

研究業績

著書

『初級レベルのスピーキング能力の評価』 共 著 1997(平成9)年7月 大修館書店
『中学校における英単語学習者のためのストラテジーの活性化のための実践』 共 著 2001(平成13)年1月 東京書籍
『小学校外国語ハンドブック』 共 著 2018(平成30)年3月 静岡県富士宮市

学術論文

『中学校おける単語学習ストラテジーの調査 -よい学習者の活用ストラテジーと指導可能性ー 』 共 著 2001(平成13)年3月 STEP BILLETIN Vol.12.
日本英語検定協会

その他

『中学校3年生 英語科Which do you like better, school lunch or a boxed lunch?』 共 著 2017(平成29)年3月 『E.FORUM共同研究プロジェクト〔プロジェクトS}「スタンダード作り」基礎資料集』第2集
『新学習指導要領の移行期における小学校外国語活動、英語科の導入に向けた市としての取り組みについて』 共 著 2019(平成31)年3月 『言語エキスポ2019予稿集』
  • テレメール全国一斉進学調査
  • テレメール
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 情報公開
  • REDeCセミナー
  • ヘッセル記念図書館
  • 北陸学院ウィン館
  • 動画ページ
  • デジタルブック
  • 大学コンソーシアム石川