概 要

Overview

時代を超えて変わらない「普遍的な真理」と、時代と共に変わる具体的な「教育内容」があります。
北陸学院は、キリスト教学校として前者を確かな土台とするとともに、
変化する時代に大胆にチャレンジし続けたいと願っています。
ここに定めるミッションスタンダード2030は、土台を明確にして、
2030年に向かう時代への本学院の教育的アプローチを形にしたものです。
また、このスタンダードは「変わらない真理」に常に根を張りつつ、
自由で大胆な時代との対話によって必要に応じて見直されていきます。

北陸学院は、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学/短期大学部へと
連続的に継続する教育を目指しています。
本学院での乳幼児期から青年期に至る発達・成長の中で、
一人ひとりが全人格的に充実した個性へと成熟することを願い、
本学院の継続教育プログラムの構造を、ここにミッションスタンダード2030として表しました。

前 提

Presupposition

北陸学院は、1885年にキリスト教学校として設立されて以来、
時代に即して真理を探究する姿勢と全人格を育むキリスト教教育に尽力してきました。
現在もこの時代の中で、聖書に立脚し、キリスト教の人間観、
世界観、倫理観による教育の在り方を追求しています。

キリスト教教育

建学の精神
「主を畏れることは知恵の初め」を土台に、
スクールモットー
「Realize Your Mission」を実現するため、
いつも聖書に聴きながら、

◆ 本当の知恵 ~WISDOM~ をもつこと
◆ 賜物を磨き、使命に生きること

を目指していきます。

本学院における「キリスト教教育」とは、教育プログラムの一部についてではなく、
学院の教育のあらゆる側面を含む全体を指します。ミッションスタンダード2030は、
この「キリスト教教育」全体を継続教育という視点から整理していきます。

構造図

Structural Drawing

BE

存在価値の受容

世界・自然・人間の存在の
価値を知り、
自他の存在を喜び感謝すること

DO

行動する力

与えられた力を磨き、
自らを表現すると共に、
他者のために行動すること

TO

使命に向かう意志

自らの使命を受け止めて、
知恵深くその使命を
果たしていくこと

継続教育

Continuing Education

北陸学院は、「全人格的」な養教育を行います。
成長段階に応じ、各自のパーソナリティを「核」として、包括的に
幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学/短期大学部の諸段階における教育を継続していきます。
また、SDGsを含め時代が要請している「誰も取り残されない世界」を目指し、
世界の抱える諸課題に真摯に対峙できる人物の育成を目指します。

CLOSE

「知性」の成熟の中で、特に9項目の向上を目指します。乳幼児期は早期教育法によらず、遊びと自由保育法により「知性の素地」の育成を実施します。
また、各発達段階においてリベラルアーツにより教養の幅を広げ、複雑さに耐えうる知識・スキルを持つと共に、「知性」を深め、専門性を強めていきます。

〈知の9項目〉
言語力・論理力・理解力・創造力・発想力・
探究力・思考力・判断力・決断力

現代が求める能力・スキルから重要なものとして、10項目を取り上げます。各概念を一面的に理解せず、多様なあり方や各人の性質を認め、それぞれの個性から自然にこれらの「力」が表れることを目指します。

〈力の10項目〉
柔軟性・独創性・サポート力・リーダーシップ・行動力・
計画力・課題発見力・対話力・表現力・流暢性

食・睡眠・運動の生活習慣や、集中する時間と余暇によるリズムある生活スタイルによって身体は作られています。また、病気やケガ、生活に起こるさまざまな問題からくる「心」が抱えるストレスへのアプローチも、健やかな体を保持するのに欠かせません。健やかさや明るさを「体」が支えもし、侵しもすることを認め、「心」と「体」を本学院の教育の視野に位置付けます。

キリスト教人間観に基づく人格形成において、22項目を重要な概念として考えています。どれも「与えられる」ことから出発し、主体的に「つくり」「与える」者になっていくという行程をたどります。各概念が一人の人格の内で、発達段階に応じて継続的に深められていくために教育プログラムを検討・実施します。

〈人格の22項目〉
愛・信頼・希望・喜び・自由・平和・正義・責任・応答・良心・使命・
寛容・親切・忍耐・誠実・奉仕・感謝・賜物・勇気・肯定・情熱・関心