校長あいさつ

「自然という舞台の上で 勉強+この力」

木蓮と桜と草花が様々に色を重ねる春
浅緑に深緑、黄緑に青緑 緑が色濃き夏
紅葉(もみじ)をオレンジ色に染め、静かに日を落とす秋の夕暮れ
雪遊びに湧き上がる昼の歓声を、懐かしく包む冬の夜の星々 

三小牛の美しい四季の中に
私たちの大好きな北陸学院小学校があります。
ようこそ、北陸学院小学校へ。

 北陸学院小学校は、キリスト教の精神による人格教育を目指している私立小学校です。北陸にあるミッションスクールとしては唯一無二の小学校で、戦後再興してから59周年を迎えようとしています。

 本校は、「自然という舞台の上で 勉強+この力」という基本方針の下、三小牛キャンパスの自然環境を生かした教育活動を展開しています。今年度から新たに、基礎学力の向上のみならず、児童一人ひとりの能力に応じた「この力」を伸ばす取り組みをしています。

 就学前教育・保育の重要性を十分に認識しつつ、中学校以降の発展的な学びにつながるような基礎教育を行う場が小学校です。北陸学院は、幼稚園から大学までの継続教育が行われている総合学園です。保護者、北陸学院幼稚園や北陸学院中学校、地域の諸機関と連携しながら、児童一人ひとりが安心して「この力」を伸ばしていけるよう、豊かな体験と学びに取り組んでまいります。

北陸学院小学校校長 茶谷信一

ページ上部へ