教育の特色

中学3年間の学習の流れ

「一人ひとりが持つ能力を伸ばす」ことを目標に、丁寧な指導を心がけています。

学習のポイント

  • 電子黒板でより深く、進んだ授業に すべての教室に設置され、多くの授業に活用されている電子黒板。動画や音声、画像を使って授業ができるので、生徒の注目を集めやすく、興味・関心も引くことができるので、より効率的な授業が可能になります。
  • 社会で必要な力を育む、総合的な学習の時間 これからの社会では、学力だけでなく、自ら課題を発見し解決する力や、コミュニケーション能力、様々な情報を取捨選択する力などが求められます。本校がそれらの中で重視しているのが、自分の考えを表現して人に伝える「表現力」です。総合学習の時間では、校外学習などで学んだことをグループで発表する機会を設けています。調査から発表までのグループワークを通じて主体的に行動しながら、仲間と協力して課題を解決し、自分の意見を明確に表現できる力を養います。
  • 少人数教育 30人以下のクラス構成に担任と副担任がいるため、教員の目が行き届きやすく、学習面の丁寧な指導に加え、その他の面でも手厚くフォローができる体制が整っています。多くの生徒が「見守られている」安心感に気持ちが後押しされ、資格取得などさまざまなことに挑戦しています。
  • 朝学習 登校から始業までの時間を利用して、漢字や英単語、計算などの基礎的な学習プリントを行っています。反復学習を進めることにより、学習の基礎をしっかり固めるとともに、英検など各種検定に向けた力を養います。
  • 自学・自習の定着 毎日の提出を必須とした自主学習用のテキストを生徒に配布。机に向かう時間を与えることで「自学・自習」習慣の定着を図ります。また「勉強プラスもうひとつ」を奨励する本校では、勉強との両立を目指して隙間時間に自習をするなど、効率の良い時間の使い方をする生徒が多くいます。
  • 確実に伸ばす学力 授業での熱心な指導と、少人数教育による一人ひとりへの徹底したサポートによって、入学前に比べて多くの生徒が成績を大きく伸ばしています。