教育の特色

各教科の教育方針

基礎学力の定着はもちろん、高校、大学への進学を見通した指導や、生徒たちが自ら考えて答えを導く授業を実践しています。
生徒たちは全教科にわたる「学び」と「気づき」を重ね、高校につながる勉強をしています。

聖書

馬場 聖史 先生

「聖書」という科目は、キリスト教との出会い、そして新たな自分との出会いの時でもあります。授業は、その日扱う聖書の物語の全体像をつかむことから始まります。さらに、聖書が語るメッセージを「今を生きる私たち」に照らし合わせて考えます。聖書には壁にぶつかった時に支えとなるヒントがたくさんあるので、それらをきちんと伝えられる授業を目指しています。

国語

玉作 裕美 先生

国語は「ゼロ」からはじめるわけではありません。教員から受け取ることと、生徒たちで考え合うこと。1人で解くことと、他者と相談し合うこと。社会生活の中にそれぞれの場面があるように、授業でもこれらをバランスよく配分し、「ことば」を学びます。

英語

中田 朋樹 先生

聞く・読む・話す・書くの4つの技能を伸ばし、実践的なコミュニケーション能力を高めるように授業を組み立てています。授業では、ペアワークなどのアウトプット活動や、ネイティブの先生との英会話の時間を設けています。「使える英語」の習得を目指すとともに、生徒たちが受け身になることなく、アクティブに楽しく学べる授業を目指しています。

技術・家庭

(技術)高島 央 先生

授業では、情報化社会から高度情報社会へと変化する社会の中を生き抜く力が一人ひとりに育まれるように、常に最新の事柄を取り入れています。例えばプログラミング学習では、プログラミング言語とシミュレータ―ソフトの基礎を学んだ後、ドローン(TelloEDU)と接続して飛ばします。うまくいかなかった場合は検証し、原因を探りながらイメージ通りの動きを実現させます。

音楽・美術

(音楽)大村 広樹 先生

ミッションスクールということもあり、音楽の授業は讃美歌からスタート。その後はICTや電子黒板を活用しながら音楽理解を深め、合唱や器楽の表現活動において音楽用語・記号などの既習事項を定着させていきます。基礎を学びながら、生徒たちが音楽を愛でる心を育てられるような授業を目指しています。

理科

金 在源 先生

身の周りのことに「なぜ?」と疑問をもつ探究心と好奇心を育てることを目標としています。観察や実験を多く行うことで理解を深め、実体験として知識を身につけさせることが、生徒たちの次なる知識欲につながると信じています。また、デジタル教科書を用いることで実際は見えないものを分かりやすく学べる環境も本校ならではの特徴です。

数学

小野 雅史 先生

生活の中にあふれるさまざまな問題を「数学的思考力」を使って解決できるような力の育成を目指しています。机の上だけの数学ではなく、物事を論理的に考えるためのスキルとして、数学の力が身につくように心がけています。また、生徒同士の意見交流の場も設け、共に問題を解決するスキルを養成することも課題の一つです。

保健体育

宮浦 淳一 先生

体育では仲間と取り組む際にどんな役割ができるか、保健では健康に留意してどう過ごしたら良いかを考えられるような授業を組み立てています。基礎・基本となる知識を習得した後、生徒たち自身で課題を見つけさせ、興味や関心に応じて学習します。さらに、習得した知識を確認したり、活用したりすることで、保健体育で学んだことを日々の生活に活かしてほしいと願っています。

社会

松本 康子 先生

自分を取り巻く社会の出来事が、どのような歴史の中で作られてきたのか。今後はどのような課題が生まれていくのか。最新の画像やデータなどの教材から生徒の「なぜ?」を引き出し、自分ごととして考えていく基礎を育みます。