大学の取り組み

各種資料

プラン・ジャパンのスポンサーとして


北陸学院大学は、プラン・ジャパン(プランの日本における事務局)のスポンサーシップのスポンサーとして、途上国の子どもや住民たちが進める地域開発を支援しています。 このスポンサーシップとは、プラン(途上国の子どもに焦点を当てた地域開発を支援する国際援助団体で、1989年国連に公認・登録されています)が実施する制度です。

プランの活動はスポンサーの寄付金によって支えられており、この寄付金はプランが行う地域開発プロジェクトに支出されます。 一方、スポンサーには、そのプロジェクトによって恩恵を受ける地域に住むチャイルドが1名紹介されます。このチャイルドとは手紙などのやり取りを通じて交流を育むことができます。また、このチャイルドの成長記録と写真が届けられるというものです。目下、北陸学院大学はバングラディッシュの女の子Aysha さんと交流しています。

財団法人 日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン)
http://www.plan-japan.org/

 

地域連携

1.地域の課課題解決に向けた連携事業の実施について

北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部では、2016(平成28)年11月に「金沢市」と連携協力に関する包括協定を締結し、各学科の特性に合わせた連携を実施しています。

2019(令和元)年度 連携事業

 

2.地元産業界等と連携した実践的PBL(課題解決型学習)を含む授業科目について

(1)北陸学院大学人間総合学部社会学科では、MIP(Mission Innovation Project)と称する企業及び行政と連携した課題解決型講座を授業科目として実施しています。FSP(Future Skills Project)講座を本学の現状に合った形で開発されたものです。授業の目的は2つあり、1つ目は、社会で必要な力に気づき、その運用方法を知ること。もう1つは、その社会で必要な力を身に着けるために、大学でいかに学ぶかを自らが考え、行動することです。授業では、企業担当者から実際に企業が社会で直面している課題を受け取り、チームで課題解決に取り組みます。その成果について中間プレゼンテーション、最終プレゼンテーションを行い、企業担当者からフィードバックを受けます。2019年度は一般社団法人トラック協会及び金沢市(労働政策課)と連携し、実施しました。

 

(2)短期大学部コミュニティ文化学科では、「地域と観光(概論)」、「地域と観光(フィールドワーク)」の科目において、金沢市(観光政策課)と連携し、観光誘客による地域活性化を目的としたPBLを取り入れ実施しています。与えられた解題解決のため、金沢市内で、受講者の案内によるフィールドワークを行い、観光振興に資する地域資源の発掘を目的にしています。金沢市観光プランをグループで作成し、プレゼンテーションを行っています。

 

  • テレメール全国一斉進学調査
  • テレメール
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 情報公開
  • REDeCセミナー
  • ヘッセル記念図書館
  • 北陸学院ウィン館
  • 動画ページ
  • デジタルブック
  • 大学コンソーシアム石川