教員紹介

社会学科

井上 克洋

いのうえ かつひろ

井上 克洋

准教授

職務上の実績 法務省系公益社団法人での会社法制度に関する調査研究(8年間)
保有学位 修士(経済学及び学術)
専門分野 経済史、イギリス社会経済史
担当科目 経済学他
研究のテーマ ・エリザベス救貧法の実態及び社会経済に対する影響
・明治期日本における「近代」の導入と影響
研究内容 ・18世紀のイギリス国教会教区史料(救貧税、貧民監督役に関するもの)の分析を通して、救貧法の実態と社会的意義を解明する。
・明治期金沢における産業の変遷や工業化の分析を通して、地方における日本の近代の受容を解明する。
研究内容のキーワード 救貧法、株式会社制度、近代社会
一言コメント 「世の中お金が全て」ではありませんが、ないと困るものでもあります。経済学とは、お金を通して世の中を学び、社会や生活の成り立ちを一緒に考えていく学問です。楽しく深く勉強していきましょう。
略歴

研究業績

著書

『地域間の歴史世界』 共 著 2008(平成20)年 早稲田大学出版部
『日本監査役協会30年』 共 著 2004(平成16)年 日本監査役協会

学術論文

「ブリストル救貧法下におけるワークハウス1696-1722」 単 著 2006(平成18)年 ソシオサイエンス
「「契約の自由」と株主有限責任の導入―1855年英国株主有限責任法の成立―」 単 著 2003(平成15)年 『社学研論集』Vol.2

その他

書評:『イギリス東インド会社~軍隊・官僚・総督』浜渦哲雄著2009年(中央公論新社) 単 著 2010(平成22)年 『月刊監査役』No.569
  • テレメール全国一斉進学調査
  • テレメール
  • 情報公開
  • REDeCセミナー
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • ヘッセル記念図書館
  • 北陸学院ウィン館
  • 動画ページ
  • デジタルブック
  • 大学コンソーシアム石川
  • HGドリル