キャリアサポート

学生支援課

就職支援

キャリアサポート

自分に合った職業を選択するために。

単位として認められる授業科目と、学生支援課の提供する各種就職支援プログラムの連携を高め、就職活動やキャリア形成全 般に役立つ「キャリア・就職支援プログラム」と、一般企業を目指す学生向けの「一般企業対策プログラム」を提供。また、これら のプログラムとは別に、公務員や保育者を目指す学生のための「専門職養成プログラム」も用意しています。

  • キャリア・就職支援プログラム

    1

  • 一般企業対策プログラム

短期集中対策講座

キャリアアップ講座の一環として学生支援課が提供している「短期集中対策講座」は、夏休みおよび春休みの期間中に開講している自学自習講座です。MOS(Microsoft Office Specialist)・実用英語技能検定・TOEIC®・日本漢字能力検定・日本語検定・実用数学技能検定の対策講座から選択可能。期間中はいつでも質問や解法のアドバイスをもらうことができ、最終日には模擬試験を行うので、学習成果を客観的に確認することができます。また、SPI試験(就職試験)対策として集中した講座(1回90分×9回)を開講しています。

インターンシップ

社会性を身につけ、就職活動を円滑にすることを目的として、在学中に実際の職場体験をする機会を提供します。原則1~3年次の夏休みに行われ、業種は、製造、情報通信、建設、卸・小売、金融・保険、サービス、ホテルなど多種に及び、約1週間実施します。

資格検定試験と対策講座

語学系

実用英語技能検定
TOEIC®
ケンブリッジ英語検定

情報系 Microsoft Office Specialist
福祉系 社会福祉士国家試験対策講座
ビジネス系 日本語検定
日本漢字能力検定
その他 公務員試験対策講座
実用数学技能検定

本学のキャリア教育について

宗教改革者マルティン・ルターは「各自の職業は神から与えられた『天職』であり、現世において果たすべく神から与えられた使命なのだ」と述べています。福音主義キリスト教に基づく教育を行なっている本学院のモット-は、”Realize Your Mission”(「あなたの使命を実現しよう」)です。
 本学では、学生一人ひとりが自らの職業特性を見極めながら、自らに相応しい職業を発見することを目的として、入学時から卒業後の一生涯までを大きく見据えたキャリア教育を行っています。

キャリア教育の方法論は、『自己分析』と『企業研究』です。「自分は何を大切にしているのか」「自分は何に興味があるのか」「自分は何に向いているのか」といった課題を通して自己理解を深め、「自分は何ができるのか」「自分の強みは何か」を見つけることとなります。これを段階的な『自己分析』といいます。他方、この自己分析の結果から導き出される自分像を元に、具体的に「自分はどのような職種に向いているのか」「どのような業種に向いているのか」を模索し、自らに相応しい職業を見出していきます。これが実践的『企業研究』といわれるものです。

このように地道ではありますが、自らの天職を見出すための大切な営みが北陸学院大学のキャリア教育といわれるものです。

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト
  • 地域教育開発センター
  • 合格速報
  • テレメール
  • 教員免許状更新更新講習会のご案内
  • 大学機関別認証評価報告書
  • デジタルブック
  • 教職員公募
  • 公務員講座
  • αのめぐみ
  • 動画ページ
  • 大学コンソーシアム石川
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 学都いしかわ グローカル人材育成
  • 北陸学院大学リポジトリ
ページ上部へ