短大紹介

北陸学院大学短期大学部

教養と専門知識を豊かに育み、地域を担う社会人を送り出す。

開学以来130余年にわたって、学生の豊かな人間性と実践力を養う教育に努めてきました。地域とともに歩んできた学部として、地元の石川・金沢をはじめとする地域社会への貢献を目指し、みにつけた教養と専門分野の知識・技能を活かして、実社会で活躍できる人を育てます。

一人ひとりの個性に合った教育で、心から満足して成長できる2年間に。


短期大学部長 沢田 史子

短期大学部には、食の専門家を目指す食物栄養学科と社会の多彩な分野で活躍できるコミュニティ文化学科があり、それぞれの学びを通じて、学生一人ひとりの個性に合う教育を行っています。地域や地元企業とのつながりを大切にしながら、海外留学や4年制大学への編入など、自分の可能性をさらに広げられる道も整えました。日々の学生生活を充実させ、心から満足できる2年間が送れることを願っています。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

食物栄養学科 コミュニティ文化学科

北陸学院大学短期大学部では、聖書に示された愛の精神に基づき、人と地域社会に貢献できる人材の育成を目指し、以下の入学生を受け入れます。

  1. 専門的な知識と技術を身につけるために必要な基礎学力を有している者※
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察することができる者
  3. 自己の考えを的確に表現し、伝えることができる者
  4. 北陸学院のスクールモットーである「Realize Your Mission(あなたの使命を実現しよう)」という精神に賛同する者
  1. 「食」を通して人びとの健康に貢献したいと考え、行動しようとする学習意欲の高い者
  1. 自らの将来を切り開こうという意欲を持つ者

※入学に際し基礎学力テストを実施して、英語・日本語の基礎学力が不足している場合には、「英語基礎」、「日本語基礎」科目の学びを義務づけます。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

食物栄養学科 コミュニティ文化学科

北陸学院大学短期大学部では、教育理念に掲げた人材を育成するために、食物栄養学科とコミュニティ文化学科を置き、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成します。

  1. ホスタピリティの精神を学び、豊かな人間性を身につける科目として、「北陸学院科目」を配置する。
  2. 良き社会人となるために必要な豊かな教養を身につけ、自己実現を図ることを目的に、「総合教養科目」、「言語教育科目」、「スポーツ・健康科目」、「キャリア教育科目」を配置する。
  3. 問題発見能力と解決能力を養い、自分の考えを適切に口頭や文章で表現することができるよう、基礎的科目と専門的科目を配置し、主体的な学びの方法を獲得する。
  1. 人間形成や専門的な学びの基礎として、学科基礎科目を配置する。
  2. 栄養学の知識・理論を学び、「食」を通して人びとの健康に貢献できる優れた栄養士の養成ならびに実践力を修得できるように、学科専門科目として「栄養士免許科目」を配置する。
  3. 学生の目指す進路が広がるように、資格関連科目として「栄養教諭2種免許関連科目」、「フードスペシャリスト資格関連科目」を配置する。
  1. 人間形成や、キャリアデザインを考える土台となる思考能力・態度を養うために、学科基礎科目は「教養」、「ゼミナール」、「キャリア支援」の各科目群で構成する。
  2. 一人ひとりの目標と関心に応じた知識・技能を修得できるように専門教育科目を配置し、「専門基礎」、「ビジネス・経営実務」、「医療事務」、「観光・ホテル」、「英語・異文化理解」の各科目群で構成する。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与についての方針)

食物栄養学科 コミュニティ文化学科

北陸学院大学短期大学部では、以下の能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定します。

  1. ホスピタリティの学びを活かして、他者を思いやり、意見を尊重し、協働することができる。(関心・意欲、態度)
  2. 学んだ知識を活かして自ら課題を見つけ、考え判断して、よりよく問題を解決できる。(知識・理解、思考・判断)
  3. 口頭表現や文章表現を用いて自分の考えを適切に伝えることができる。(技能・表現)
  1. 地域住民の健康増進や食文化の継承・発展に関わろうとする意欲がある。(関心・意欲、態度)
  2. 培った専門性を食育推進活動や産業の振興等に活かし、地域社会の発展に貢献できる。(技能・表現)
  1. 地域社会で求められる知識と教養を身につけている。(知識・理解、思考・判断)
  2. 専門的知識や取得した資格を活かし、地域社会に貢献できる。(関心・意欲、態度)

なりたい自分を見つけ、専門力を育む 2学科


 食物栄養学科は、栄養士としての活躍の場を広げる3つのライセンスを取得可能。また、今年度より提携校でのスクーリング等を経て、製菓衛生師受験資格も取得可能になりました。卒業後も管理栄養士取得支援プログラムを受講できます。
コミュニティ文化学科では、目安として4つの履修モデルコースを設定。幅広く学びながら、なりたい自分を見つけられます。

短期大学部の教育方法 5つのポイント

2年間という限られた期間を最大限に活用し、実践力を身につけてほしいから、一人ひとりの夢をかなえるためのサポートを行っています。

POINT 1
就職率の高さと就職先の幅広さに強み
2017年度卒業生の就職率は、食物栄養学科、コミュニティ文化学ともに100%。食物栄養学科の卒業生は栄養士として、学校や病院、福祉施設などで活躍しています。コミュニティ文化学科の卒業生は、医療や観光、ブライダル、グローバル企業など多彩な業界に進んでいます。
POINT 2
実社会で役立つ資格・免許取得をサポート
食物栄養学科は、栄養士、栄養教諭二種、フードスペシャリストの他、今年度から製菓衛生師の受験資格が取得可能になりました。またコミュニティ文化学科では、ビジネス系や語学系、県内の短期大学で唯一の図書館司書等、2年間で実社会で役立つ資格取得を最大限にサポートします。
POINT 3
意欲ある学生への奨学金・奨励金制度
食物栄養学科には、提携校での製菓衛生師課程を修了した学生への奨励金制度、コミュニティ文化学科には、英検準1級・2級取得を目指す学生を対象とした奨学金制度があります。意欲のある学生が、とことん広く、とことん深く学ぶことのできる環境が整っています。
POINT 4
地元の企業や学校など、地域と連携した学びも
実習やフィールドワーク、課外活動、インターンシップなど、学生が地域と連携して学ぶ機会を設けています。企業の担当者や地域の子どもたち、お年寄りといった人々と触れ合って、地域社会の生の声を聞くことが出来ます。
POINT 5
さらなる成長へ、4年制大学への編入学支援
短期大学部での学びをより深めたい学生のために、サポート授業などで4年制大学への編入学をバックアップしています。人間総合学部や指定校提携を結ぶ大学のほか、全国の国公立大学や難関私立大学への編入実績があります。
 
  • REDeCセミナー
  • ヘッセル記念図書館
  • テレメール
  • デジタルブック
  • 動画ページ
  • 情報公開
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 大学コンソーシアム石川
  • テレメール全国一斉進学調査
〒920-1396 石川県金沢市三小牛町イ11番地
TEL
代表
076-280-3850
アドミッション(入試)センター
076-280-3855
ページ上部へ