子ども教育学科子ども教育学科

保・幼・小・中、4つの免許・資格で「子どもに応えるプロフェッショナル」に。

P28_幼児特色

北陸学院は、1950年から保育と教育のプロフェッショナルを数多く育ててきました。
65余年にわたって培ってきた伝統と教育理念のもと、一人ひとりの学びをきめ細やかにサポート。
豊富な体験型授業と実習を通じて、子どもたちとかかわる中から、その心を理解し、発達や成長を支えられる教育者・保育者を養成します。
中学校教諭(英語)・小学校教諭・幼稚園教諭・保育士の4つの免許・資格の課程があります。
小学校における英語の教科化や小中一貫教育の推進といった最新の動向にいち早く応えるべく、英語教育のできる小学校教員の養成にも対応した学びを実現しています。

学びのコースと特徴

 一歩も二歩も先を見据えた教員の養成をめざします。
現在、幼稚園と保育所の機能を備えた認定こども園が増え、幼稚園教育と保育の一体化が求められています。また、幼稚園から小学校に進む段階、小学校から中学校に進む段階のそれぞれで、心身の発達段階、学習への動機づけ、基礎基本の定着等で適応の遅れなどの、いわゆる「幼小ギャップ」、「小中ギャップ」と言われる課題があります。特に、小中一貫校(一つの学校)も新しくできてきています。子ども教育学科の3 つのコースは、単に2 つの教員免許を取得させるだけでなく、幼保の一体化、幼小、小中の教育の連携・接続のあり方の研究を進めていきます。

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト
  • 地域教育開発センター
  • テレメール
  • 大学機関別認証評価報告書
  • デジタルブック
  • 教職員公募
  • 公務員講座
  • αのめぐみ
  • 動画ページ
  • 大学コンソーシアム石川
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 学都いしかわ グローカル人材育成
  • 北陸学院大学リポジトリ
ページ上部へ