大学紹介

北陸学院大学 人間総合学部

自分を知り、人を知り、多様化した社会で生きる力を。

今、世の中はとても複雑で、急速に変化し、価値観は多様化しているため、一つの専門領域の知識だけでは多面的に「人」をとらえるのは難しくなっています。
まず自分のことを知った上で、周囲の人々を尊重し、理解し、受け入れる。
そして現代社会を生き抜くことのできる人になってほしいから、人間総合学部では、多様に学べる教育プログラムを提供しています。

人としての土台をつくり社会に貢献できる力を身に付けてほしい。

人間総合学部長 真砂良則

子ども教育学科と社会学科、2つに共通するキーワードは「人」。たとえどんなに物が豊かになり、IT化が進もうともそれを介するのは人と人。そのつながりが大切となる現代社会はかつてないほど複雑化し、難しい問題を抱えています。人間総合学部では、まず自己を知り、他者への理解を深めて、多様な人間関係を結んでいく力を引き出していきます。基礎理論に裏打ちされたフィールドワークや実習・実験などの体験的な学びを多く取り入れることで、社会に出て通用する実践力や問題解決力を育みます。私たち教職員や先輩たちが一人ひとりに寄り添ってサポートしていきます。かけがえのない4年間を北陸学院大学で過ごしてみませんか。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

社会学科 子ども教育学科

北陸学院大学では、聖書に示された愛の精神に基づき、人と地域社会に貢献できる人材の育成を目指し、以下の入学生を受け入れます。

  1. 専門的な知識と技術を身につけるために必要な基礎学力を有している者※
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察することができる者
  3. 自己の考えを的確に表現し、伝えることができる者
  4. 北陸学院のスクールモットーである「Realize Your Mission(あなたの使命を実現しよう)」という精神に賛同する者
  1. 社会のさまざまな課題に意欲的に取り組むことができる者
  1. 保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・中学校教諭(英語)を目指し、学業に意欲的に取り組むことができる者
  2. 人間の発達や成長に関心のある者

※入学に際し基礎学力テストを実施して、英語・日本語の基礎学力が不足している場合には、「英語基礎」、「日本語基礎」の学びを義務づけます。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

社会学科 子ども教育学科

北陸学院大学では、教育理念に掲げた人材を育成するために、人間総合学部に社会学科と子ども教育学科を置き、
以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成します。

  1. 学部の掲げるディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)を達成するために、4つの科目群を配置し、系統的な履修を促す。
     「 全学共通科目」群(「北陸学院科目」、「総合教養科目」、「言語教育科目」、「スポーツ・健康科目」、「キャリア教育科目」)、「基幹科目」群、「学科専門科目」群、「資格科目」群。
  2. 学生の学修能力の発達状況に合わせた段階的な科目配置を行う。大学での学びに必要なスタディスキルズから始まり、主体的な学びに必要な課題探究能力、批判的分析思考能力、情報リテラシー、コミュニケーション能力など、社会において欠くことのできない能力の育成を達成するために、「基礎ゼミⅠ・Ⅱ」(1年次)、「プロゼミA・B」(2年次)、「専門ゼミⅠ」(3年次)、「専門ゼミⅡ」(4年次)などを配置する。
  3. 学生が自ら目指す進路・資格取得に必要な学習を支援するための学科別教育課程を配置する。
  1. 社会への理解を深めるために、データに基づき社会の様々な現象を検証する技能を理論的に身につけることを重視する。
  2. 1年次では、社会学とその関連領域および社会調査に関する基礎的な知識・技能を学び、2年次からの専門的な学びにつなげる。2年次以降に、学科専門科目の基礎となる科目群として「基本科目」、より専門性の高い「応用領域」として「文化と共生」、「くらしと政策」、「心理と社会」の科目群を配置する。
  3. 自らの専門性と学習目標を認識し、系統的に履修できるよう、上記の科目の組み合せより「現代社会・国際理解コース」、「心理・カウンセリングコース」、「環境福祉マネジメントコース」、「政治経済・経営コース」、「情報・図書館司書コース」の履修モデルコースを示す。
  4. 社会福祉士、スクールソーシャルワーカー、認定心理士、社会調査士および司書に関連する資格科目を配置する。
  1. 専門的な知識と方法論を系統立てて学ぶために、「小学校・中学校教育コース」、「幼児・児童教育コース」、「幼児教育・保育コース」を置く。
  2. 1年次より現場体験学習を重視し、理論的学びと連動させる。
  3. 人格形成や教育科学の視点から、子どもの育ちや発達に関する学科専門科目を配置する。
  4. 保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・中学校教諭(英語)資格科目を配置する。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与についての方針)

社会学科 子ども教育学科

北陸学院大学では、以下の能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定します。

  1. 全学共通科目の履修を通して幅広い知識と教養を身につけている。(知識・理解)
  2. 学科での学びを通して、自ら課題を設定して探究することができる。(関心・意欲)
  3. 4年間での学びを通して、自らの考えを口頭や文章によって的確に他者に伝えることができる。(技能・態度)
  1. 現代社会が直面する問題を、社会学を中心に心理学・社会福祉学などのその他関連領域の理論と実証的データに基づいて理解できる。(知識・理解)
  2. 現代社会が直面する問題の解決のために、自ら設定した課題を探究し、貢献できる。(態度)
  3. 現代社会が直面する問題の解明のために、実験・社会調査・フィールドワークができる。(技能)
  1. 幼児教育及び初等・中等教育において、保育者・教育者の役割や職務内容をよく理解している。(知識・理解)
  2. 子どもの育ちや発達、英語・英語教育に関する専門的知識に基づき、幼・小・中の教育連携、自らの教育観並びに保育観、子ども観を自分の言葉で語り、実践できる(思考・判断)

  3. 子どもの育ちや発達に関する専門的知識に基づき、子どもや保護者に寄り添って自らの教育観並びに保育観、子ども観を自分の言葉で語り、実践できる。(態度)

実践を重視して知識と技術を深める 2学科

 

社会学科では、実践的な学びを通して社会学の基礎力を身につけた上で、3つの応用領域から興味のあるテーマについて研究していきます。子ども教育学科では、実践を重視した学びにより、中学校教諭(英語)・小学校教諭・幼稚園教諭・保育士の免許・資格取得を強力にバックアップしています。

人間総合学部の教育方法 3つのポイント

4年間という限られた期間を最大限に活用し、実践力を身につけてほしいから、一人ひとりの夢をかなえるためのサポートを行っています。

POINT 1
1〜4年次まで段階的に学びを深める
「基礎ゼミ・プロゼミ・専門ゼミ」
両学科ともに、1年次の「基礎ゼミ」から2年次の「プロゼミ」、3・4年次の「専門ゼミ」まで段階的にゼミ科目を配置。
レポート作成、文献の調べ方といった基本的なスキルや主体的に学ぶ姿勢を身につけ、ディスカッションや研究、発表の方法を学んだ上で、専門分野を探究して4年間の学びの集大成へとつなげていきます。
POINT 2
細やかな個人指導に対応する
「アドバイザー制度」
教員と学生が互いに顔の見える少人数教育を実施しており、学生一人ひとりが確かな基礎力を身につけ、専門性を高めていけるようにサポート。そのサポート役として最も身近な存在が、アドバイザーです。
1〜4年次までゼミ担当教員がアドバイザーとなり、履修計画や学習指導、そして学生生活、進路などの相談にも応じ、アドバイスをします。
POINT 3
早期から将来を意識して学ぶ
「キャリアデザイン」
1年前期から就職活動が始まる直前まで配置されている「キャリアデザインⅠ〜Ⅵ」は、すべて演習科目です。
早い段階から自己分析や業界研究に能動的に取り組み、キャリアについて考える機会を設けています。将来の目標を定めることで、そのために必要な知識や技術、経験も明確になり、意識的に学生生活を過ごすことができます。
  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト
  • 地域教育開発センター
  • 合格速報
  • テレメール
  • 教員免許状更新更新講習会のご案内
  • 大学機関別認証評価報告書
  • デジタルブック
  • 教職員公募
  • 公務員講座
  • αのめぐみ
  • 動画ページ
  • 大学コンソーシアム石川
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 学都いしかわ グローカル人材育成
  • 北陸学院大学リポジトリ
ページ上部へ