地域教育開発センター

本学教員がそれぞれの専門性を活かしながら学科枠を超えて共同し、学外の講師にも加わっていただき、市民と学生に深い学びを提供する講座です。

2019年度 北陸学院大学REDeCセミナー

 

冬の連続公開講座~いのちの重さと輝き~

日時 名称 概要 講師 対象/定員

11月16日(土)

10:30~12:00

 

西洋の合唱音楽とキリスト教とのつながり
~基礎発声と、合唱曲に隠されたメッセージを読み解く~

犀川 裕紀 氏

武蔵野音楽大学声楽科卒業。卒業後ハンガリーへ渡洪。‪バルトーク・ベーラ‬・コンセルバトワール音楽芸術学校で発声学、合唱指揮法を、リスト音楽院付属コダーイ研究所でコダーイメソッドを学ぶ。これまでに声楽を香田裕泰、亀井陽二、Jandó Tamaraの各氏に。指揮を北原幸男、W.I.Johanna、Ugrin Gáborの各氏に師事。北陸聖歌合唱団他、様々な団体の指揮指導及び音楽アドバイザーとして活動し、OEK合唱団の指導者としても様々な公演を担当した。JCDA日本合唱指揮者協会会員。

講師:犀川 裕紀

コーディネーター:富岡 和久(コミュニティ文化学科)

大学生、一般



REDeCセミナー

日時 名称 概要 講師 対象/定員

10月19日(土)

11:00~12:00

 

終了しました

 

図書館と知的自由
-図書館は何のために存在する?-

 現代日本には公共図書館がおよそ3200館ほど存在しています。この公共図書館は何のために存在しているのでしょうか。公共図書館は単なる無料で本が読める“だけ”の場所ではありません。日本国憲法でも保証されている「表現の自由」とも強いつながりがあります。図書館が守るべき知的自由とは何なのか、我々が「自由に考える」ことの価値について図書館を通して考えてみたいと思います。  講師:若杉 亮平(社会学科)

高校生、大学生、一般

 

最少催行人数5名

 

1年間の講座スケジュールは「REDeCセミナーパンフレット」よりご覧ください。
2019REDeCセミナーパンフレット  

 

お申込みはこちらからどうぞ
REDeCセミナー お申し込み


昨年度(2018年度)の「REDeC報告書」はこちらからご覧ください。
2018年REDeCセミナー活動報告書   

お問い合わせ

北陸学院大学 学術情報研究・社会連携センター
TEL:076-280-3856 (月~金 9:00~17:00)
mail:redec@hokurikugakuin.ac.jp

  *パソコンからのメールが受け取れる環境でご連絡ください。

REDeCセミナー 情報

2019.8.10 REDeCセミナー実施報告

2019/08/20 (火)

8月10日(土)REDeCセミナー2講座が開催されました。

「親子で楽しむおやつづくり」は成長期のお子さんにとってのおやつの考え方を講話で学んだ後、簡単でポイントをおさえたおやつを実習しました。家庭であまり使われなくなったすり鉢とすりこぎを使う体験や、ゼリー液の色が変わる実験のような場面もあり、親子で作りおいしくいただくことと共に夏休みの思い出になったと思います。

「外国人労働者の受け入れと日本の地域社会」は日本における外国人の受け入れの現状や、地域住民と外国人住民との関係についてデータや講師の調査結果を基に講義が行われました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

1 2 150
  • REDeCセミナー
  • ヘッセル記念図書館
  • テレメール
  • デジタルブック
  • 動画ページ
  • 情報公開
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 大学コンソーシアム石川
  • テレメール全国一斉進学調査
〒920-1396 石川県金沢市三小牛町イ11番地
TEL
代表
076-280-3850
アドミッション(入試)センター
076-280-3855
ページ上部へ