合格速報

2017年度教員採用試験合格状況

  • 石川県公立小学校教員 2名
  • 富山県公立小学校教員 2名
  • 埼玉県公立小学校教員 1名
  • 東京都公立小学校教員 1名
  • 千葉県公立小学校教員 1名

   ※既卒者含む

  • 遊びの中で「教科」に触れていることへの気づきができました。

    石川県小学校教員採用試験合格
    樋井南津花(金沢西高等学校出身)

     

    Q:小学校教諭になりたいと思ったきっかけは何でしたか?

    子どもが好きだったので、子どもに関する仕事がしたいと思っていました。大学受験の時点では、小学校の先生と幼稚園の先生、どちらが自分に向いているのか迷っていました。北陸学院大学は、コース制になっていて、2つの免許を取得できるようなカリキュラムになっていることを知り受験しました。

    大学に入った後も、迷いながら学んできたのですが、小学校の教育実習に行き、教科を通して教えることが面白いなと感じました。例えば、算数なら積み木で形を作ること、生活なら朝顔を育てることなど、子どもは遊びの中で教科に触れています。幼児期からの発展がたくさんあるのです。そういうことを教えていきたいと思い、小学校教諭を目指そうと決めました。小学校の教育実習と幼稚園教育実習の両方を体験することができ、より自分に合っている分野を知ることができました。また、小学校と幼稚園の両方を勉強したことは、実際に現場にでたときに役に立つと思います。

     

    Q:学習支援ボランティアは

    学習支援ボランティアは一人の子についての対応が多く、一人ひとりに向き合うことができたことがよい経験になったと思います。わらかないことがある児童にどこまで支援するべきか、どのように声かけするべきかなど、大学にもどり、先生に相談にのってもらうことも多かったです。教えていた児童が「わかった!」といってくれる瞬間がとても嬉しかったです。

     

    Q:教員採用試験の勉強はどれくらいしていたのですか?

    朝9時ごろから夕方18時頃まで、授業がない時間はずっと教員採用試験の勉強をしていました。教員採用試験を受ける友達同士で分からないところを教え合ったりもしていました。私は面接が苦手で、面接練習がうまくいかなくて、練習後にへこんだりもしましたが、一緒に頑張っていた仲間や先生が気にかけてくれていたので、すごく心強かったです。みんながいたから頑張れたのだと思います。

     

    Q:同じ目標を持つ後輩へひとこと

    教師を目指す皆さん、学生のうちに幅広く勉強してください。子どもと触れ合う機会を作ってください。そして、そこに関わる人たちの話、考え方を聞いてください。私の理想は子ども一人ひとりをちゃんと見て、子どもたちの可能性を広げてあげられる先生になることです。これからも頑張りたいと思います。

  • 継続的に行う学習支援ボランティア。教育実習が終わった後も実習校で
    ボランティアを続け、信頼関係を築いていきます。

    埼玉県小学校教員採用試験合格
    安宅龍之介(金沢高等学校出身)

     

    Q:小学校教諭になりたいと思ったきっかけは何でしたか?

    高校の職業適性テストで「小学校教諭」が一番だったのが小学校教諭に興味を持ちだしたきっかけでした。大学は、両親に「北陸学院大学は実際に現場に出ている先生がいるからいいのではないか」と勧められ入学を決めました。北陸学院大学はコース制になっているので、小学校教諭の勉強を中心に学びました。

     

    Q:大学のプログラムで良かったと思うものはありましたか?

    北陸学院大学独自のプログラムである学習支援ボランティアは、教育実習に行く小学校へ継続的に通います。僕は2年の時から通っていたのですが、早い時期から実習校に行くことで、学校、子ども、先生方と関わり、現場とのつながりの中で、安心して実習に向かうことができました。

    また、いろいろなイベントに積極的に参加し、子どもたちとふれあう中で、一つひとつの授業の大切さに気付くことができ、子どもたちの楽しそうな表情や、生き生きと活動している場面、子どもたちと楽しく勉強する大切さを知りました。

    大学で開催されている公開講座では、「幼小連携」の大切さについて気づきました。何気なく幼稚園のときにしていた遊びが小学校の授業に出てくることがあります。それを知っていることで、子どもの興味を引き出せることがよくわかりました。

     

    Q:教員採用試験の勉強で大変だったことは?

    3年生の教育実習を機に小学校教諭になりたいという意識が高まり、アルバイトもやめて勉強に専念しました。北陸学院大学は少人数制ということもあり、先生方がわからない部分を細かく解説してくれました。教員採用試験の受験前は、志望動機に自分の思いを詰め込むことに時間がかかりました。ゼミ担当の先生が夏の間つきっきりで指導してくれたのもありがたかったです。

     

    Q:今後の目標はありますか?

    今後の目標は「子どもにとって良い教師」になることです。後輩の皆さん、実習が終わったときにきっと教師になりたいという気持ちが強くなると思います。その時に人よりどれだけ頑張れるかということが大事です。ミッションには神様がいるので信じて頑張ってください!

 2016年度教員採用試験合格者


石川県教員採用試験 3名(現役2名、既卒1名)
公立保育所     7名
石川県警察官    1名

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • 受験生応援サイト
  • 地域教育開発センター
  • テレメール
  • 大学機関別認証評価報告書
  • デジタルブック
  • 教職員公募
  • 公務員講座
  • αのめぐみ
  • 動画ページ
  • 大学コンソーシアム石川
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 学都いしかわ グローカル人材育成
  • 北陸学院大学リポジトリ
ページ上部へ