地域教育開発センター

冬の連続公開講座のお知らせ

2015/11/09 (月)

北陸学院大学地域教育開発センターで開催している冬の公開講座では、テーマを「この地に生きる」として地域に根差して活躍している招き、独自の生き方を学ぶ機会を設けています。

今回は「冬のちゃんぷる ライブ&トーク」。白山市鳥越に住まわれている川崎正美、川崎草汰の親子ユニット。

父・川崎正美氏は白山市内に勤務する小学校教員。結成20年のフォークグループ「でえげっさあ」のメンバーとしても活動しています。
川崎草汰氏は、先天性の障害「水頭症」を抱えて誕生。楽器との出会いは、保育園児の時、リハビリのために始めたおもちゃのドラム。小学生になって、弦楽器を弾き始める。作曲も始め、障害者音楽グループ「東京クラブランナーズ」のギタリスト、ボーカリストとしても活動中。

下記の日程で開催いたします。ぜひご参加ください。

日 時:11月28日(土)13:30~16:00
場 所:北陸学院大学 国際交流研修センター
参加費:無料

下記よりお申込みを受け付けております。
https://www.hokurikugakuin.ac.jp/univ/redec-application/

  • テレメール全国一斉進学調査
  • テレメール
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 情報公開
  • REDeCセミナー
  • ヘッセル記念図書館
  • 北陸学院ウィン館
  • 動画ページ
  • デジタルブック
  • 大学コンソーシアム石川