受験生の方

地域貢献活動

ミッションあそVIVA!サポーターin城北児童会館 12月8日(日)

2019/12/09 (月)

12月8日(日)、城北児童会館において「ミッションあそVIVA!サポーター」が活動を行いました。

このイベントは金沢市福祉局こども未来部子育て支援課と北陸学院大学との連携事業として、一昨年度より城北児童会館「日曜ワクワク遊び塾」の一環として行っているものです。

今年度最終回となる第5回目、「昔遊びをしよう!」がテーマの第3弾です。
今回は、前々回に続き、 石川県児童文化協会副会長の福田信一先生を講師にお迎えし、「作ってとばそう!紙飛行機」の会を行いました。

福田先生が教えてくださったのは、メジャーな「へそひこうき」と「やりひこうき」。
シンプルであるからこそ、羽根の先の曲がり具合をフラップよろしく調節することで、随分と飛び方が違ってきます。
丁寧に折り、根気強く試して調節することが大切なのですね。
 
サポーターのお兄さんは、途中から参加した親子のサポートに回ります。
お兄さん先生、がんばれ!!
 
みんなで一斉に飛ばすと、「もっと」の気持ちが生まれます。
外で飛ばすと、風に乗って不思議な動きも見えてきます。

お父さんやお母さんも、夢中になって飛ばしていらっしゃいました。  

さて、今年度の「ミッションあそVIVA!サポーター」企画は、これにて終了となります。

来年もまた、新たな企画を用意して城北児童会館で参加をお待ちしています。
本学担当教員(福江厚啓)

米泉公民館「あそVIVA☆クリスマス」12月7日(土) 

2019/12/09 (月)

12月7日(土)、米泉小学校体育館において、米泉公民館「あそVIVA☆クリスマス」を行いました。

このイベントは、金沢市教育委員会・生涯学習課と本学との包括連携事業「放課後子ども教室」支援事業の一環として行っているもので、昨年に続き2年目の開催となります。

今回のイベントには、子ども教育学科の1年次生70余名が学科必修科目「キャリアデザインⅡ」の集大成として参加しました。

全1年次生はこれまで一ヶ月、約15名ずつのゼミごとに5つのブースを企画担当し、この日に備えてきました。

ゼミ長による実行委員会を中心に、企画・予算立案から材料の調達、諸準備、本学体育館での1週間前のリハーサル、そして当日の運営に至るまでをチーム一丸となって行いました。

当日は、米泉校区児童約180名の参加となりました。
初の開催だった昨年度の参加児童が約80名、今年度はなんと100人増!2倍以上の人数となり、先輩の実績(?)に嬉しい悲鳴を上げつつもスキマの時間を準備に充てて頑張ってきた1年次生です。

子どもと学生、総勢250名が全力で楽しみ、約3時間のイベントがあっという間に過ぎていきました。一足早いクリスマス気分を味わうことができたのではないかと思います。

「すっごい疲れた!けど、めちゃくちゃ楽しかった!」という学生の表情はとても晴れやかでした。
大型イベントを初めて企画運営した1年次生。予想を上回る子どもたちの動きやちょっとしたハプニングに戸惑いながらも、保育者・教師としての資質・能力を磨くことができたのではないかと思います。

子どもたちと学生たち、みんなの笑顔と熱気で、冬の体育館ながら、心からぽかぽかする1日となりました。

学生たちを力強くサポートしてくださった米泉公民館および生涯学習課、米泉小学校および校区保護者の皆様に厚く御礼申し上げます。

本学担当教員(福江厚啓)

12/15(日)ミッションおはなし隊のおはなし会

2019/12/05 (木)

おはなし隊(子ども教育学科学生)のおはなし会のお知らせです。

「みみをすます」

音楽も楽器の音も、さらに生活の中の音も組み込んで構成して、その場にいる人たちにそれぞれの物語が見えてくる。。。

みなさん、ぜひお立ち寄りください。

日時:12月15日(日) 11:00~12:00
場所:教育プラザ富樫 201・202研修室 (金沢市富樫3丁目10-1)
対象:あかちゃんから大人まで

12/13(金)ミッションおはなし隊のおはなし会

2019/12/02 (月)

玉川図書館でのミッションおはなし隊(子ども教育学科学生)のおはなし会のお知らせです。

12月例会は、クリスマスにちなんだお話2つです。

一緒にクリスマスのお話しを楽しみませんか。

ぜひお立ち寄りください。

日時:12月13日(金) 11:00~11:30、 16:00~16:30
場所:玉川子ども図書館 1階 おはなしの部屋 (金沢市玉川町2-2)
対象:0歳~小学2年生

内川中学校キャリア学習会開催

2019/12/02 (月)

11月20日(水)内川中学校キャリア学習会が本学で行われました。

今から進学、そして就職と進路選択が迫られる中学2年生に、本学子ども教育学科・福江ゼミの学生たちが話題提供をさせていただきました。

今日参加した学生たちの来たる4月からの進路は、小学校教諭・保育教諭・一般企業と同じ学科内でも進路はさまざまです。それぞれ就職へ向けて取り組んできたこと、その職を選んだ理由や時期、悩んだことなど伝え、中学生の皆さんからの質問に答えました。

 
学生が中学生の時には気付かなかった「しておけばよかったこと」や近い将来に出会うであろう悩みや選択にどう向き合うか等、少しでも参考になればと思います。
同じ地域にある学校同士、今後もこのような交流を続けていくことができればと思います。

ミッションあそVIVA!サポーターin城北児童会館

2019/11/29 (金)

11月10日(日)、城北児童会館において「ミッションあそVIVA!サポーター」が活動を行いました。

このイベントは金沢市福祉局こども未来部子育て支援課と北陸学院大学との連携事業として、一昨年度より城北児童会館「日曜ワクワク遊び塾」の一環として行っているものです。

今年度4回目、「昔遊びをしよう!」がテーマの第2弾です。
今回は、日本海内灘砂丘凧の会の皆さんを講師にお迎えし、「作ってとばそう!たこづくり」の会を行いました。

凧の会の皆さんは、さすがプロ!糸の長さやバランスにこだわりながら、手際よく子どもたちを指導しておられました。
サポーターメンバーの学生は、庭で走り回る子どもたちのサポートに回ります。
時には、動線がクロスして糸が絡まる場面も…お姉さん助けて!!
 
お父さんやおじいちゃん、お母さんまで夢中になって凧を飛ばす姿も。
子どもも大人も、いくつになっても楽しいものは楽しいのでしょう。

皆さん、凧の魅力を十分に味わえたのではないかと思います。

次回は12月8日(日)、再び福田信一先生(石川県児童文化協会副会長)を講師にお迎えし、「作ってとばそう!紙飛行機」を予定しています。
また、城北児童会館で参加をお待ちしています。

本学担当教員(福江厚啓)

よりそいの花プロジェクト第33次(長野第2次)災害ボランティア活動

2019/11/25 (月)

11月24日(日)、台風19号で甚大な被害を受けた長野県長野市で、本学学生が浸水被害を受けたりんご畑で漂流物除去、りんごの処分作業などに従事しました。
住宅およびその周辺の復旧作業が優先されていることから、いまだ多くのりんご農園や田畑などには漂流物等が多く残されたままです。復旧までにはまだ多くの時間とマンパワーが必要なことから、12月15日(日)は年内3回目となるボランティアバス運行の運行に向けて準備を進めています。

ハンドベルクラブ学外活動報告

2019/11/13 (水)

11月10日(日)、石川県男女共同参画課からの依頼を受け、香林坊アトリオステージにて本学ハンドベルクラブがパープルリボンキャンペーンのミニコンサートを開催しました。ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。本学ハンドベルクラブでは、様々な団体から依頼を受け学外で演奏を行う活動を毎年継続して行っています。
 
なお、石川県による「いしかわパープルリボンキャンペーン2019」の実施期間は11月末までです。
 

いしかわ学生防災フォーラム

2019/11/11 (月)

11月10日(日)石川県立音楽堂邦楽ホールにて「いしかわ学生防災フォーラム」(主催:石川県)が開催されました。

第一部では「共助体制への若者の参加をいかに進めるか」と題し、永田尚三関西大学社会安全学部教授による基調講演がありました。
 その後の第二部では「各大学の地域と連携した取り組み事例の紹介」として、県内4大学による取り組みが紹介されました。このうち北陸学院大学からは、よりそいの花プロジェクトの伊藤康洋さん(子ども教育学科2年)と吉田涼菜さん(社会学科1年)がそれぞれ岩手県、岡山県、石川県七尾市などでの取り組みについて力強く報告しました。
 パネルディスカッション後半では、田中純一本学社会学科教授や防災士などを交え、これからの学生と地域の連携のありについて議論しました。

災害ボランティア

2019/11/06 (水)

 11月3日(日)、台風19号で甚大な被害を受けた長野県長野市で、本学学生と教員9名が、泥出し等ボランティア活動を行いました。
  重機が入れない住宅敷地内に溜まった土砂は思いの外重く、運搬に苦戦しましたが、他のボランティアの方と力を合わせ作業にあたりました。
北陸学院大学では11月24日(日)、12月15日(日)にそれぞれ長野市でのボランティア活動を予定しています。

11/8(金)ミッションおはなし隊のおはなし会

2019/11/01 (金)

玉川こども図書館に於いて「ミッションおはなし隊(子ども教育学科学生)」が小さいお子様向けのお話会をいたします。

今回は秋にちなんだお話を3つ、おはなしリレーになる予定です。

午前の部は小さいお子さまが多いので、身体全体でいろいろなことを感じてもらえるような工夫を考えています!

ぜひお立ち寄りください。

日時:2019年11月8日(金)11:00~11:30、16:00~16:30

場所:玉川子ども図書館 1階 おはなしの部屋
   金沢市玉川町2-2

対象:1歳~小学校低学年

2019栄光祭 終了

2019/10/21 (月)

10月18日(金)、19日(土)の2日間、大学・短期大学部合同の大学祭「栄光祭」を開催いたしました。あいにくのお天気にもかかわらず、ご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございます。

多くの学生がイベントや模擬店を担当し、抜群のチームワークで盛り上がりました。各学科の催しや発表等でご来場のみなさまと楽しい時や学びの時を共にすることができました。

地域のみなさま、企業の方々、出演してくださったアーティストのみなさま、関わる全ての方の多大なるご支援、ご理解、ご協力があり、今年も栄光祭を開催することができましたことに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

ミッションあそVIVA!サポーターin城北児童会館

2019/10/08 (火)

10月6日(日)、城北児童会館において「ミッションあそVIVA!サポーター」が活動を行いました。

このイベントは金沢市福祉局こども未来部子育て支援課と北陸学院大学との連携事業として、一昨年度より城北児童会館「日曜ワクワク遊び塾」の一環として行っているものです。

今年度は早3回目となります。前期の2回は集団遊びを中心に大勢で行いましたが、後期は趣向を変え「昔遊びをしよう!」がテーマです。

第1弾となる10月6日は、石川県児童文化協会副会長・福田信一先生を講師にお迎えし、「めんこ・けん玉で遊ぼう」の会を行いました。
本学子ども教育学科の授業でもお世話になっている先生です。
めんこの遊び方は様々にありますが、今回教えて頂いたのはメジャーな「ひっくり返す」ものよりも平易な遊び方です。

最初は投げるだけでも難儀していた子どもたちも、あっという間にコツを掴み、どこからねらうか、など作戦を立て始めます。
遊びはやはり、シンプルな方が子どもの工夫の余地があって、豊かな可能性をもっているように思います。

けん玉は、幼稚園や学校でも経験しているのか、膝を使って上手に操る子どももちらほら。
最後はみんなで「けん玉勝負」。最後まで残ったのは…男の子のお友達とサポーターのお兄さん先生でした!

次回は11月10日(日)、日本海内灘砂丘凧の会の皆さんを講師にお迎えし、「作ってとばそう!たこづくり」です。
また、城北児童会館で参加をお待ちしています。

本学担当教員(福江厚啓)

10/13(日)かなざわ読書フェア「とび出すおはなしBOX」開催

2019/10/07 (月)

今年もかなざわ読書フェアで「とび出すおはなしBOX」を開催します!

幼児児童教育学科の4年生が「おむすびころりん」のお話を持って行きます。
小さいお子さんは、おうちの方といっしょに遊びにいらしてください。
 
日時:10月13日(日)10:00~15:00
場所:泉野図書館(金沢市泉野町4丁目22-22)
 

学生ボランティア活動報告

2019/09/24 (火)

2019年6月29日、平成30年7月豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備町を本学の学生が訪れ、写真洗浄ボランティアを行いました。写真を台紙から丁寧に切り取り、泥や汚れを落とし、洗浄、乾燥を繰り返します。豪雨災害から1年が経過しても洗浄修復を待つ大量の写真が作業場にあり、生活復興が途上にあることを参加したすべての学生が実感しました。

石川県総合防災訓練に参加しました

2019/09/20 (金)

9月8日(日)に開催された石川県総合防災訓練に、本学から「よりそいの花プロジェクト」が参加し、東北や熊本、岡山など甚大な災害に見舞われた被災地でのボランティア活動を紹介するパネル展示を行いました。谷本知事が足を止めて学生に質問するなど、多くの方がブース見学に来られました。「よりそいの花プロジェクト」とは、2012年より災害ボランティア活動を続ける本学学生団体であり、防災教育にも取り組んでいます。
 

「本の虫珈琲店」がみっしょん工房に出店

2019/09/19 (木)

9/18(水)、学生が主体的な活動に使用できるスペース「JOINT SPACE みっしょん工房」にて、図書館サポーターによる「本の虫珈琲店」が1日数量限定で開店しました。図書館サポーターは、本学ヘッセル記念図書館の利用を広げるためのPRを目的とする学生協働活動です。音楽や小物を工夫し雰囲気をつくった「本の虫珈琲店」では、図書館サポーターがいれたドリップコーヒーを販売し、予定数を完売しました。次回は10月に行う大学祭で、図書館の中に出店する予定です。「図書館×カフェ」本学ならではの企画です。ぜひお立ち寄りください。

【食物栄養学科】「小松とまと」ケチャップづくり

2019/07/26 (金)

 7月20日(土)に小松市「小松とまと収穫&ケチャップづくり」が開催され、親子連れの方々とイベントを楽しみました。
 参加された親子のみなさんは、午前中ハウスに出向いてミニトマトの収穫体験をしていました。本学学生で編成された「小松とまと応援チーム」は、料理教室に向けて別会場で下準備におおわらわ、お昼からは、小松トマト応援チームのメンバーが講師となり、親子と一緒に協力しながらケチャップづくりや、トマトをたっぷり使ったオムライスやサラダなどの料理を作って楽しく過ごしました。
 食後はトマトケチャップを煮詰める時間を利用して、トマトに関するクイズで盛り上がりました!クイズの後はケチャップを瓶に移し替えて、子供たちが一生懸命作成した手作りラベルを瓶に貼って完成!おうちへのお土産になりました。

ミッションあそVIVA!サポーターin三和公民館

2019/07/16 (火)

7月10日(水)、三和公民館において、「ミッションあそVIVA!サポーター」が活動を行いました。

このイベントは、金沢市教育委員会・生涯学習課と本学との包括連携事業「放課後子ども教室」支援事業の一環として行っているものです。
 
今回は、三和公民館主催「あそびの城」の活動として、「スライム」「ブーメラン」「声変わりマスク」「ビリビリバルーン」、4つの"科学あそび”を行いました。
 
小学校を下校し、続々と集まった100名近い子どもたちに対するのは、子ども教育学科2年次生有志・35名のサポータースタッフです。
元気いっぱいな三和校区の子どもたちに負けることなく、「科学のふしぎ」にふれてもらおうと大奮闘しました。
 
1年次より段階を踏んで、様々な場面で子どもたちとふれあってきた2年次生。
時には予想を超えてくる子どもたちにも柔軟に対応しつつ、自分の「引き出し」を徐々に増やして、保育者・教師への道を、着実に歩んで行っています。
 
北陸学院大学は、夢をもってがんばる学生と、地域の子育てを全力で応援します。
 
本学担当教員(福江厚啓)

ミッションあそVIVA!サポーターin城北児童会館

2019/07/09 (火)

7月7日(日)、城北児童会館において「ミッションあそVIVA!サポーター」が活動を行いました。


このイベントは金沢市福祉局こども未来部子育て支援課と北陸学院大学との連携事業として、一昨年度より城北児童会館「日曜ワクワク遊び塾」の一環として行っているものです。

今年度2回目となる7月7日は、前回に続き、遊戯室を全面的に使って、3つの運動遊びを楽しみました。

この日の遊びは、「しっぽとり」「島おに・色おに」「さかなとり」の3つ。
前回よりも参加学年・年齢がちっちゃなお友達が多かったのですが、ルールが分かってくるとどんどん楽しくなってくるようで、ご家族も一緒に夢中になって遊んでいました。
 
ドキドキして泣いてしまったお友達もいましたが、サポーターの励ましでがんばりました!なんだかほっこりさせられますね。

子ども教育学科で小中学校教員、保育者を目指す2年次生26名がサポーターとして参加しました。
次回は秋、今回とは趣向を変えておこなう予定です。
また、城北児童会館で参加をお待ちしています。

本学担当教員(福江厚啓)
1 2 6
  • テレメール全国一斉進学調査
  • テレメール
  • 北陸学院への募金ご協力のお願い
  • 情報公開
  • REDeCセミナー
  • ヘッセル記念図書館
  • 北陸学院ウィン館
  • 動画ページ
  • デジタルブック
  • 大学コンソーシアム石川
〒920-1396 石川県金沢市三小牛町イ11番地
TEL
代表
076-280-3850
アドミッション(入試)センター
076-280-3855
ページ上部へ